貼り箱とは

貼り箱とは

箱の種類
私達が生活しているところには、さまざまな形をしている箱があります。一口に箱を言いますが、周囲を見回してもバリエーションが多いのに気がつきます。
それぞれの用途に応じて使い分けられています。
 
化粧箱という言葉を聞いたことがあるでしょうか?中に入っている品物の価値を高めるためにデザインされた箱のことです。
この化粧箱が一番身近です。化粧箱は大きく2つに区分されます。
一つは「貼り箱」です。もう一つは「組箱」です。その違いはつぶせるかどうかです。
 
貼り箱について
化粧箱のうち、つぶせないタイプが「貼り箱」です。芯の材料になる厚手の紙と、その表面に化粧紙を貼りあわせて完成させる箱です。
装飾が自由にできて丈夫なのが特徴。中身の商品を保護する目的もありますが、それ以上に商品を訴求させる役割を担っているのです。
商品を取り出したあとも、お洒落でキレイな貼り箱ならば、再利用できます。
捨てるのはもったいないから、手元に置いて小物入れとして使っている人も少なくないでしょう。
 
組箱について
化粧箱のうち、つぶせるタイプが「組箱」になります。穴に差し込んだり、折り曲げたりして組み立てる箱
広げることで1枚の厚紙になります。必要になったときだけ、組み立てて使えるメリットがあります。
保管場所を大きく確保することもありません。
 
貼り箱と組箱を組み合わせている箱について
一般的には、ふたの部分が貼り箱になっていて、本体が組箱のパターンになります。
梱包の発送に利用される段ボール箱や中身が見えるクリアケースであるパターンです。
箱の目的は中身の保護だけではありません。今や箱は中身と一体で商品価値があるのです。
思わず手に取ってみたい箱があります。箱そのものに商品価値があるのでしょう。

 
貼り箱の特徴
貼り箱は、その意味通り、貼り付けてつくりあげる箱のことです。一般的には紙で作られます。
ボール紙にさまざまな貼紙(はりし)と呼ばれる紙を、貼り箱専用に開発された接着剤を使って貼り付けます。
包み込んで作り上げる紙製の箱が貼り箱というわけです。
 
では、貼り箱にはどういった特徴があるのでしょうか?
ざっと特徴をあげてみましょう。
(1)強度が高いこと
(2)耐久性に優れていること
(3)高級感があること
(4)豊富な材料を使うことによってオリジナリティを出せること
(5)紙製品ですから環境にもやさしいこと
(6)紙製品独特の温かみのある肌触りが感じられること
 
こういった点があります。
特徴の一つである強度が強く耐久性に優れていることがあります。
近頃ではメールアドレスやホームページアドレスなどのちょっとした広告をデザインとして表示しているケースをよくみることがあります。
比較的長期間に渡って有効な広告戦略としても利用されているのです。




 

リバティプリント